CSSファイルの読み込み位置を改善する高速化設定を追加しました

ExUnit 9.11.0 のアップデートで 外観 > カスタマイズ画面 の ExUnit設定 > 高速化設定にて、「高速化を有効にする」にチェックして有効にすると、ExUnitのCSSファイル及びCSSカスタマイズがヘッダーではなくフッターから読み込まれるようになります。

該当CSSファイルの読み込み位置を改善し、できるだけ後回しにして読み込ませることにより、コンテンツ表示の高速化が若干期待できます。

ただし、子テーマのstyle.cssなどでExUnitの要素をCSSでカスタマイズしている場合は、ExUnitのスタイルの方が後に出力されるため効かなくなります。

しかしながら、Lightningの次期メジャーバージョンアップで、子テーマのstyleもフッターの最後から読み込みが可能になる設定が追加されますので、ExUnitの要素を子テーマのstyle.cssでカスタマイズしている方は Lightning 9.0 / Pro 4.0 のリリースをお待ちください。

更新情報を受け取る

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。