ソーシャルブックマークボタンやOGタグの出力はもちろん、twitterカードタグの出力やシェア時のタイトルの書き換えなどソーシャルメディアとも強力に連携します。

それぞれの機能は個別に有効 / 無効の設定を行うことが可能です。必要な機能だけ有効化してご使用いただけます。

各機能をご利用頂くには、「VK All in One Expansion Unit 有効化設定」画面にて「ソーシャルメディアとの連携」の項目へチェックを入れ有効化して下さい。個別機能の設定は「メイン設定 > SNS Settings」の画面にて行います。

「ソーシャルメディアとの連携」にチェックを入れ有効化して下さい

OG タグを html head 内へ出力

OG タグは Facebook でシェアされる際に、画像や記事概要を Facebook のタイムラインへ表示するために必要な meta タグです。

Facebook でシェアされる際のタイムライン表示

管理画面「メイン設定 > SNS Settings > OGタグ」にチェックを入れるだけで自動的に html head 内へ OG タグを出力し、タイムライン上へ画像や記事概要などを表示できるように設定します。

管理画面でチェックをいれるだけで自動的に OG タグを出力します

デフォルトの OGP イメージを設定

OGP イメージを設定していないページが Facebook でシェアされた際に、タイムラインへ表示するデフォルト画像を設定できます。

デフォルト OGP 用画像を設定できます

「メイン設定 > SNS Settings > デフォルトのOGPイメージ 」より画像をアップロードして下さい。画像のサイズは 橫 300px 縦 300px 以上、画像比率 16:9 の画像がタイムライン上でキレイに表示されるサイズとなっています。

Twitter カードタグを html head 内へ出力

Twitter カードタグは Twitter でシェアされる際に、画像や記事概要を Twitter のタイムライン上へ表示するために必要な meta タグです。

Twitter タイムラインでの表示

管理画面「メイン設定 > SNS Settings > twitterアカウント / Twitterカードタグ 」の項目で Twitter アカウントの入力と Twitter カードタグへチェックを入れるだけで、 html head 内へ Twitter カードタグを出力し、タイムライン上へ画像や記事概要などを表示できるようにします。

Twitter カードタグを html head 内へ出力

Twitter カードを表示するには Twitter 社へ申請し、承認される必要があります。申請方法は「twitter card の登録方法 」をご覧ください。

ソーシャルボタンを表示

表示中のページをソーシャルネットワーキングでシェアするボタンを、本文下部分へ表示します。

ソーシャルボタンを記事下の部分へ表示

管理画面「メイン設定 > SNS Settings > ソーシャルボタン 」の項目にチェックを入れるだけでソーシャルボタンを記事下の部分へ表示します。 

ソーシャルボタンの項目にチェックを入れる

Facebookページプラグインを表示

Facebookページプラグイン(旧ライクボックス)を、ウィジェットエリアで簡単に表示設定できるようにします。

Follow me box を記事コンテンツ下のエリアへ表示

SNS アカウントボタンとアカウントのフォローを促すテキストを記事コンテンツ下の部分へ表示します。

SNS アカウントとアカウントのフォローを促すテキストを記事コンテンツ下の部分へ表示

管理画面「メイン設定 > SNS Settings > Follow me box 」の項目へチェックを入れることでフォローミーボックスが表示されます。また「Follow me box の見出しテキスト」へのテキスト入力で、ボックスのタイトルをお好みのものへ変更できます。

Follow me boxの項目へチェックを入れとボックスが表示される

ソーシャルメディアと強力に連携

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です