ウィジェットエリアに
固定ページの本文内容を表示

ウィジェットエリアへ指定した固定ページの本文内容を表示することができます。特定の固定ページの内容をトップページやランディングページテンプレートなどに表示したい場合に便利です。

ウィジェットエリアへ指定した固定ページの本文内容を表示することができます。

ウィジェットエリアへ指定した固定ページの本文内容を表示することができます。

カスタマイザーの【 VK_固定ページ本文 】ウィジェットより、表示したい固定ページをプルダウンから選択するだけで、ウィジェットエリアへ本文内容が表示されます。「タイトルを表示しない」を選択すれば、固定ページの本文のみを表示できます。

VK_固定ページ本文 ウィジェット

テキストウィジェットではなく固定ページ本文を使うメリット

再利用しやすい

WordPress標準のテキストウィジェットやカスタムHTMLに入力した内容をトップページ他ランディングページなど、複数のページに同じ情報を表示したい場合、それぞれ別のウィジェットに同じ内容を入力する必要があり、修正が入った時も複数のウィジェットの内容を修正しなくてはならなくなってしまいます。

しかし、固定ページ本文に情報を入力し、その情報をウィジェットで複数箇所に表示すれば情報を効率よく管理する事ができます。

いきなり情報が消えない

標準のテキストウィジェットなどに入力した内容は、ウィジェットを一度削除したりすると消えてしまいますが、固定ページに入力した内容ならウィジェットを削除しても内容は固定ページとして残っているので再利用が簡単にできます。

非公開記事でも表示可能

ウィジェットに表示するために固定ページに情報を登録したけれと、その固定ページ自体は表示したくない場合もあると思いますが、VK_固定ページウィジェットは非公開記事でも表示出来るので、元記事は非公開の状態で運用する事も可能です。

子ページインデックスや先祖階層からのページリストを挿入可能

子ページ一覧の表示

子ページ一覧の表示」にチェックを入れると、本文を表示させている固定ページと親子関係にある「子ページ」を下記のように並べて表示できます。

「子ページ一覧の表示」にチェック

 

子ページ一覧利用イメージ

現在のページの先祖階層からのページ一覧を表示

現在のページの先祖階層からの子ページリストを表示」は子ページが多くなった場合などに目次のような役割を果たします。

親階層からすべて表示されるので、ページの位置関係がわかりやすいです。
もちろん、リンクでそれぞれのページへジャンプできます。

「現在のページの先祖階層からの
子ページリストを表示」にチェック

固定ページの本文をウィジェットエリアに表示

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。